歯石とは、その名の通り歯に付着した石のような物体

歯石とは、その名の通り歯に付着した石のような物体のことをいいます。

一度ついてしまった歯石の除去は、歯ブラシではできません。

歯石の除去は歯科医院で、「スケーラー」と呼ばれる器具を用いて行なわれます。

すぐ見える部分に付着している歯石は「縁上歯石」といい、歯肉の下に隠されていてすぐに見ることのできない歯石は「縁下歯石」といいます。

歯石の除去に使うスケーラーには、いろいろな種類があります歯垢に比べ、歯石は硬く、簡単には取れないものです。歯ぐきと歯の間についてしまった歯石を普通のブラッシングで落とすことは、まず無理と言えます。一般的な歯石の除去方法は、まず大まかな歯石を機械式のスケーラーで除去し、それから細かい歯石や歯肉の下に隠れている歯石などを手用のスケーラーで除去するというものでしょう。
歯周病は、歯の周辺に炎症が起こる病気です。

虫歯のように激しい痛みがあったり、不快な症状があったりするわけではないので、気がつかないうちに進行していくケースがほとんどです。
歯石はいろいろな部分に付着するものですが、自分で歯石取りをする場合は、比較的取りやすい前歯の裏側を中心にするのが無難と言えます。歯石は、歯周病の原因にもなるものです。歯周病予防のためにも、定期的に歯科医院で歯石の除去をしておくのがおすすめです。歯茎(はぐき)の病気に、歯槽膿漏と歯周病があります。
どちらも、似たようなイメージがあり、一般的には混同しているようです重症でも、的確な手当をしておけば、それ以上悪化しません。 歯周外科などの歯科医師による外科処置と同じ効果も期待できます。

よくテレビのCMなどで聞かれるプラークコントロール、つまりプラークを確実に取り除くことがとても大事になってきます。

その方法として正しいブラッシングをすることが大事なんです。

また、虫歯や歯周病のために治療をうけて、その後再発しないように歯科医院でメンテナンスをする、これも予防歯科のひとつです。
なぜ歯周病は糖尿病を悪化させるのでしょうか。

歯周病菌の死骸が「内毒素」と呼ばれる多量の毒素をまき散らすことが、血糖値にも悪影響を及ぼすことが原因です。

歯を白くする歯磨き粉人気